エリアのルール

​​笠置山に入山してクライミングを楽しむときのルール

このエリアでは笠置山クライミング協会との取り決めにより、入山に当たり一人一回300円のクライマー協力金をお願いしています。この協力金はトイレや駐車場などの維持管理費を始め、地域の活性化事業などに使われます。


その他以下に記載するルールも笠置山クライミング協会との協議により決定されたものです。この他工事等により利用が規制される場合が有ります。指示が有ればそれに従って行動してください。
ルールやマナーを守れない方は入山をお断りする場合が有ります。

○入山受付所にて協力金300円を支払い、入山記録簿に記帳を済ませてから入山して下さい。


○入山受付所からエリアまでの間は、行き帰り共指定された道路を通るようにして下さい。(案内図参照)


○指定された場所以外では駐車禁止とします。指定された場所においても通行する車や観光客等に十分配慮して下さい。特にパラグライダーのテイクオフ周辺は駐車厳禁です。


○キャンプはなるべくキャンプ場を利用するようにして下さい。指定された駐車場でも可能ですが、駐車スペースをテントで占領しないようにして下さい。


○駐車場のトイレはクライマーの為に設置されたものです。きれいに使用する事を心がけて下さい。


○エリア内で発生した事故(クライミング中の事故または交通事故等)については全て当事者の責任において処理して下さい。笠置山クライミング協会及び笠置クライミングクラブでは一切の責任を負いません。


○エリアは岐阜県「みんなでつくろう観光王国飛騨・美濃条例」により岐阜県観光の振興につながる「明日の宝もの」に認定されています。わざと岩を傷つける目的(eg.既成課題のチッピングや破壊)での入山は固くお断りします。

IMG_2881.JPG
book_img1.jpg
book_map.jpg